発達の三要素

発達の三要素

広告




ある朝の亀田さん。



別角度からの亀田さん。


晴れの日の甲羅干しはすっかり定番となり、心なしか表情が豊かになった気がします。
甲羅干しにも変化が見られ、足(お尻)を上げて日光を浴びている姿も見られるようになりました。

これは進化と言うべきなのか。
調べた所ちょっと意味が違う。

進歩なのか。
これも何だかしっくりこない。

発達。
ここでふとある人物を思い出し、彼の考案した三要素を今回のタイトルにさせてもらいました。


タイトル/エリク・エリクソン

発達の三要素

・成長 – この反対が老化。ただし、老化=衰退ではない。生涯発達のピークを分水嶺としては、前半が成長、後半が老化となる。

・成熟 – 性交渉による生殖が可能な段階に達すること。その可能時期の終わりを告げる、女性では閉経。男女共に更年期というものがあり、様々な更年期障害を呈することがある。

・学習 – 経験により獲得した知識、理解により、自分の行動、態度を微調整していく事が出来ること。この特殊なものは、学校教育の中で得られる。学習は人生の前半にのみあるものではない。また、健忘症、物忘れなどいわば負の学習というものも存在し、これもまた人生の後半に現れるとは限らない。


引用元:ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BA%E9%81%94


亀田は学習しているのではないかと思ったらちょっと感動してしまった。
学んでいる亀田から私は学ぶものがある。

学ぶことは何も机上の場だけではないですよね。
何の研究もしていないですが、進化しているはずの人間は私にはなぜか退化しているように見えます。

・・・

亀田を【勝手に持って行った】と言っている人がいるそうです。
いるそうと言うのは私本人に直接言ってこないで陰で言っているようなので。

この人は私が亀田の世話をし始めた時に、世話のやり方を指示してきたり間違いだらけの亀情報を言ってきた人だ。

今頃何を言っているんだろう。
亀田を引き取って何か月経っていると思っているんだ。
数か月経って気付くってこと自体、放置していた証拠ではないか。

まだたまにウンコから砂利が出てきます。
亀田が砂利を食べていたなんて知らないだろう。
亀は甲羅干しを必要とし、甲羅が脱皮する様子もきっと見たこともないだろう。

そして今の亀田の状況を聞こうともしない。

そんな人がよく勝手に持って行ったなんて言えるなと思ったが。
虐待している飼い主に限ってそういうことを言う人が多いと、あるサイトで読んだことがあります。
放置も【ネグレクト】と言う立派な虐待に当てはまることすら知らない気がする。

あるサイトはいずれ紹介させてもらう予定でいます。


最近頂けるメッセージは亀田に関しての内容が多く、また【亀田さん】とさん付けしてくれる方も何名かいて、独りでニヤッ(゚∀゚)としながら読ませて頂いています。
この場を借りて改めてお礼を言わせて下さい、ありがとうございます。


この記事を読んで下さった方もありがとうございました。


●こんにちはさん
メッセージありがとうございました。
ありがたく読ませて頂きました。

■□■□■□■□■□■

●各ブログランキング
一手間かけてクリック&タップして下さっている方に大変感謝しています、ありがとうございます。
更新の励みになっています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
・にほんブログ村では40代おひとりさま ささやかな暮らし おひとりさまの各カテゴリに参加しています。


・人気ブログランキングでは節約・貯蓄/貧乏日記の各カテゴリに参加しています。

■□■□■□■□■□■