神無

神無

タイトル/かんな


日本の10月は神無月とも呼ばれています。神が無の月。
言い伝え?によると日本各地の神様がとある所に集まり不在となることから付けられたのだそうです。

とある場所とは島根県にある出雲大社。
島根県では逆に神在月(かみありづき)と呼ばれているそうです。
本当なのかな。カレンダーや手帳の表記はどうなっているんだろう。

各地の神様が島根県に集合しているであろう10月に、島根県以外でお参りをしたら意味がない?の疑問は神様の留守を守る【留守神様】がいるから大丈夫とのこと。

・・・

怪しい。
都合が良過ぎる。


ーーー

前置きはこのくらいでここから本題です。


イベント先で菓匠 新月堂さんの【かんな 焼きマロン】と言う和菓子を買いました。



白餡と栗ペーストの生地に栗一粒を乗せた焼菓子。250円。高かったですが焼き菓子が好きなのとイベント参加のハイテンションの勢いで思い切りました。


食べた感想は。
これは和菓子なのか。まるで洋菓子のような、しかし和菓子感もちゃんとある。

和菓子もあまり知らずにいますが、和菓子の焼き菓子ってそう言えば食べたこともなければ見たこともないです。
あ。カステラは和菓子の焼き菓子になるのだろうか。

残念ながらネット販売はしていなく、実店舗かイベント出店でのみ購入可能とのこと。


菓匠 新月堂さんHP&インスタグラム
HP:http://www.zips-c.com/shingetsudo/index.htm
インスタ:https://www.instagram.com/newmoonsince1910/


また縁があればぜひ食べたい一品、いや逸品なので勝手ながら紹介させてもらいました。

ちなみに。
かんな焼きマロンの【かんな】は、栗→秋→10月→神無月 から付けられたのだと思いました。
ですが店舗のある町の名前が神流(かんな)なので、地名から付けられたのだと予想しています。

菓匠 新月堂さんは明治43年群馬県神流町(旧:万場町)で創業。
2018年現在、計算したら創業110年でした。

・・・

創業100年を超えている所って確か何かに登録されていますよね。
紹介するまでもない、有名な和菓子屋さんなのだろうか。


ありがとうございました。

■□■□■□■□■□■

●各ブログランキング
モチベーション維持&更新の励みのひとつになっています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
・にほんブログ村ではセミリタイア生活 おひとりさまの各カテゴリに参加。


・人気ブログランキングでは節約・貯蓄 おひとりさまの各カテゴリに参加。

■□■□■□■□■□■

広告
広告




広告