老化反応の一部

老化反応の一部

広告



老化反応の一部2018.

奥には亀の亀田。



足元には猫のタコラ。



2018年の老化反応の一部は、ベランダガーデンに突如現れた謎のツル系植物にさせてもらいました。
ある日突然→

残念ながら花は咲かず朝顔なのか何なのか分からないままですが、好きな色組み合わせのひとつの緑と黄色の老化反応を見せてくれて枯れて行きました。

植物でこういうことがあるとオーラの泉のある回を思い出すのと(その時の記事が探せず)、ネットのどこかでも読んだのですが、植物や鳥類や昆虫などの生物が集まってくる家はスピリチなんとかで言うと良い家とのこと。

・・・

これは自分の家の庭なんかで自給自足しているような人にも当てはまるんだろうか。
イノシシとかサルとか農作物目当てで集まってくるのも当てはまるんだろうか。

田舎でもない、かと言って都会でもない地方住みだからこんなことが言えるんだろうな。
家のベランダだって鳩が住みつかれたら困る。雀は来て良くて鳩は来ちゃダメなんておかしい。

そういうひねくれは置いといて。
【この家なら大丈夫】みたいなのが本当にあるのなら嬉しいしありがたいことです。
住人の自分は虫も殺さぬ女子高生もとい、虫も殺せなくなった中学何十年生でちょっとアレだが。


これが今の私の一番の幸せです。


と言うのを誰かに知ってもらいたいから、どいつもこいつもと言いながらも私は結局人を求めているんだろう。

2017年の老化反応の一部→
2017年から更に過去の関連過去記事に飛べます。良かったらどうぞです。


この記事でおニャン子2回、クリーピーナッツ1回出しました。


ありがとうございました。


タイトル/葉が色づく仮説

■□■□■□■□■□■

●各ブログランキング
一手間かけてクリック&タップして下さっている方に大変感謝しています、ありがとうございます。
更新の励みになっています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
・にほんブログ村では40代おひとりさま ささやかな暮らし おひとりさまの各カテゴリに参加しています。


・人気ブログランキングでは節約・貯蓄/貧乏日記の各カテゴリに参加しています。

■□■□■□■□■□■