メシウマ

土日恒例からずれてしまっている、ここ最近でない40代一人暮らしの貧乏節約弁当写真。


















すべて美味しく頂きました。
ごちそうさまでした。


タイトル/他人の不幸でメシがウマい


【自分はSだ】【私はドMだ】と言った、自分をSとMに置きかえて話をされる場面がたまにあります。
SとかMとかあまり興味を持てないため、相手から言われた場合には【そうなんですね、そう言われると~】なんて無難な返事しかできていない。

自分がどっちなのかあまり気にしたことがないです。

話の流れで相手から判断されることもあり、人によりあなたはSだ、あなたはMだとそれぞれ逆のことを言われたこともあります。

【私はこうなんです】と言った所で、相手が違う印象を持っていたら相手の印象が自分の印象となる。
もし仮に自分はMだと言っても、相手からいやSだと言われれば自分はSとなる。
誤解を解こうとしたり反論したりすればするほどややこしくなる。

自分のイメージは【相手が決めたイメージ】なんだと思うようにしています。

私のことがクソに見えればクソ。
私のことが貧乏に見えなければ貧乏ではない。

【そういう風に見えているんだな】と、誰かが決めた自分のイメージを知ることができるのはありがたいです。

どう思われているかは置いといて、相手の時間(人生)に自分のことを考えている時間があるんですよ。
金銭がらみならまだしも1円も発生しない場面でですよ。

どうでもいい【無】の存在よりよっぽどありがたいと、無である存在が多い自分だからこそ思います。
何よりも悲しいのは相手にもされない【無反応】ですから。

度が過ぎなければですが。


私はMなのでしょうね。
反面、考えようによってはSだとも思っています。


ありがとうございました。


メッセージもありがとうございました。
すべてありがたく読ませて頂きました。

■□■□■□■□■□■

●ランキングサイトのにほんブログ村に参加しています。
クリックorタップして頂くとランキングが上がり、モチベーションの維持&更新の励みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
おひとりさま 40代おひとりさま のカテゴリに参加しています。

彼女少し疲れ気味 - にほんブログ村

■□■□■□■□■□■



広告