ブログやサイトを運営する上で問い合わせの設置は必須

ブログやサイトを運営する上で問い合わせの設置は必須

今回はいつもの投稿内容とは路線が異なり、ブログやサイト運営の話になります。

ブログやサイトを運営している人に連絡したいことがあっても手段がなくできない時ってありませんか。

コメントやメールフォームなどの何かしらの連絡手段を設けていないと相手からの内容次第では大変なことになると思っています。

連絡手段がない=ブログ運営者に伝えたいことが伝えられない状態でも相手からの要望がある場合、運営者が知らないまま話が進む場合があります。

これどういう意味か分かりますか。

自分の知らない間に無料ブログ(ライブドアブログやはてなブログなど)を始め、有料サーバーやドメインの運営会社やグーグルなどに直接話が行くことになるからです。
自分の氏名住所連絡先などの個人情報を知っている運営会社から連絡が来ることになる。

連絡手段を設けているからと言って相手が直接伝えてくれるとも限らないですが、当人同士で解決できる問題ならわざわざ事を大きくしなくてもと思います。
※内容にもよりますが連絡後放置や逆なでや連絡手段を外すなどは問題外。

例えば中傷コメントが来るからとコメント欄を閉鎖するのは仕方ないです。
その後連絡手段がないサイトは、何かあった時は運営会社から直接連絡が来るの一択しかありません。

あとツイッターなどのSNSも全公開しつつメッセージ機能をオフにしているとか(できるんでしたっけ?)、フォローしている人のみ受信可にしているなんかも同じと思っています。

連絡したくても連絡できない状態の運営者やユーザーがいて、運営会社に直に報告したことが今まで何度かあり、その都度対応してもらったことがあります。
それと私は連絡が来るブログ運営側でもあり、連絡手段(メールフォーム)を設置していて良かったと思うことがほとんどです。

何かしら発信している人で問題が生じた時に、運営会社や広告主から要注意人物と見られることに抵抗はないのだろうか。ないから連絡手段を何も設置しないのかな。


私は抵抗があります。その他のリスクも大きい。
自分に限って非はないと思わないようにしている。


色々あって水面下で動いていました。

■□■□■□■□■□■

●ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がるとモチベーション維持&更新の励みのひとつになっています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
セミリタイア生活_ おひとりさまの各カテゴリに参加しています。

■□■□■□■□■□■



広告
広告




広告