MONEY

MONEY

2018年12月20日~2019年1月19日のMONEY浜省家計簿

————————————————————

家賃:41,000円→40,500円(共益費込み/毎月確保し一年分一括払い)

————————————————————

●光熱費類クレジット&銀行引き落とし分予算:25,000円

電気:5,458(予算5,300)
ガス:1,609(2,500)
水道:3,220(2ヶ月ごとにnanacoで支払い/3,200)
スマホ&パソコン通信:16,959(8,000)
生保:6,000(固定)

計:33,246円

nananco残金:3,800円(下二ケタはないものとしています)


電気代と水道代が予算オーバーですが、それよりもスマホ&パソコン通信もが予算オーバーどころか予算の倍以上の高額となりました。
この時はまだ前職場で働いていたので、唯一の友人に前職の話&愚痴を長時間聞いてもらい、辞めるか辞めないかも相談しました。
唯一の友人はラインを始めとした無料通話アプリを使用していないため、まっとうな通話料金がかかりました。

灯油(石油ストーブ)は近くにあったガソリンスタンドが閉店してしまってからもがらんどうのままで、次に近いガソリンスタンドは自転車だとしんどい距離となる。
時間かお金かを考えて、ここでも時間を優先しお金を使うことを選び、年末の大リセット後の用途自由費で新たな暖房器具を中古で購入しました。
後日記事にできたら良いなと思っています。

石油ストーブはどうしようか考え中です。

————————————————————

●その他引き落とし類い分:12,000円

ヤフーネット募金:1,000

などなど費(端数は繰り上げ)
職場関連費:1,500
服飾費:3,700

計:6,200円

引き落とし合計予算:37,000円
使用金額合計:39,446円(-2,446円(T_T))

引き落とし額はこういう時のために1万円を予備費として入金しているので、実質47,000円になります。
リセットの際は最新の給料から足りない額を補充します。よってその月の貯金額は自動的に減ります。

————————————————————

●現金払い&クレジット払い分予算:32,000→32,500

食費:12,000
酒:4,000→4,500
動植物:4,000
用途自由:2,000(主にタコラ&私のおやつ代)
雑費:5,000
小遣い:5,000

上記分はおのおのいくら使ったと細かい計算はせず、残金集めて数えるだけです。
今回の残金1,780円(一円単位のお金は計算に入れず貯金箱へ)

動植物費の残金は独立して貯めています。
今月の動植物残金140円
動植物費残金合計:10,770円


毎月使用総予算:110,000円
今月使用総合計:110,666円(-666円(T_T))

————————————————————

今月のアレコレ。

赤文字は今回から変更になった金額です。

家賃(詳しくは共益費)がいつからか約500円下がっていました。
(年払いのため気付かずにいました。多く払った共益費は返金してもらっています)
500円少なくしても実際の家賃より多い金額となっています。

この500円は酒代にしました。
酒代が足りなく今まで他項目予算から使ってしまっていました。
※それでも一時より約半額節約できています。

上記のように自分の場合は心の余裕でいろんなことが左右されやすいです。
家賃に限らずどの項目でも少し多めに予算(予備費)を組んだ方が、ギリギリで予算を立てた家計簿の時より残金が残りマイナスが少なくなります。

以前、今の11万円予算より5,000円少ない105,000円予算でやりくりしていた時があったんですね。
カツカツでいるとその反動なのか今の11万円予算より多く使い続けてしまった結果となったため、自分に合った月予算は11万円なんだなと改めて実感したことがありました。

自らハードルを高くし予算ギリギリで組んだって結果達成できず毎月マイナスになるよりも、少し多めに予算を組んでプラスになった方が心に余裕ができる。

なんてまた偉そうに言いつつも。
今年2019年はマイナスから始まりました。マイナス金額が666でオーメンです。
不吉なものを感じます。

おみくじと言い、今年大丈夫だろうか。

————————————————————

来月も節約貧乏一人暮らしの40代おひとりさま生活&ちょいリア充できれば良いなと思います。


ありがとうございました。


タイトル/浜省

■□■□■□■□■□■

●ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がるとモチベーション維持&更新の励みのひとつになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
40代おひとりさま 婚活・結婚活動(本人) おひとりさまの各カテゴリに参加しています。

■□■□■□■□■□■



広告
広告




広告