軽口のバラードvol.7

軽口のバラードvol.7

こちらも久しぶりのボロいベンチに腰掛け、ボロい衣類を身につけた、ボロい女の図。


当初すぐ撤去されると思われたボロベンチは、それから数年後も変わらず使われていて嬉しい。


服飾内訳(すべて約)
コート:1,500~2,000円(と記憶している)
ジーパン:1,000円
スニーカー:500円

諸事情によりセピア色加工しています。
すべて古着。ブランド名は割愛します。


ーーー


今の職場では約20才離れた20代年下先輩が私の専属として仕事を教えてくれています。
ありがたいことに的確かつ臨機応変な判断と指示をしてくれるため、私も業務もスムーズに動けています。

一方的かも知れませんが、良好な関係を私は築けていると思っています。

何も問題がないのに、何かしらにつけ首を突っ込んできてはあーだこーだと言い始めて業務を中断させる(業務が進まない)ことをしてくるのが今回も50代女性。
これには20代の年下先輩も参っている。


話変わって求人採用面接で40代になってから特によく聞かれるのが【年下から指示を受けることに抵抗はありますか?】と言ったような質問です。
あっても【あります】とはさすがに言えないにしろ、これに関しては取り繕うことなくあまり抵抗はないです。

以前にも記していますが、私は職場を始め相手が年下だろうと年上だろうと誰に対しても敬語を使うようにしています。
私のような使い分けのできない不器用人間にはこの方が楽だからです。
余談:なのでブログの投稿文章も人様のブログに投稿するコメントやメッセージでも敬語を使っています。

年下ってだけで敬語を使わないことに違和感があります。
自分の場合で例えるなら仕事を教えてもらっている40代がタメ口で、教えている20代が敬語の状況はおかしいと感じるから。

先ほど記したように使い分けができる器用な人だったり、フレンドリーに接することを目的としていたり、それぞれ理由があって敬語を使わない人もいることでしょう。

それはそれで良いと思っています。
私も慣れてくればタメ口になります。

私はこういう考えを持っていますと言った、ただそれだけのことです。


タイトル/なんだってわかる、自分のこと以外なら◆フランソワ・ヴィヨン


ここ最近の自分の職場の人間関係は20代と50代(60代)がすっかりキーパーソンとなり定番となっています。


メッセージもありがとうございました。
すべてありがたく読ませて頂きました。

■□■□■□■□■□■

●ブログランキングに参加しています。
ランキングが上がるとモチベーション維持&更新の励みのひとつになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
40代おひとりさま 婚活・結婚活動(本人) おひとりさまの各カテゴリに参加しています。

■□■□■□■□■□■



広告
広告




広告