なぜ嫌いな人のSNSをわざわざ見てしまうのか?

なぜ嫌いな人のSNSをわざわざ見てしまうのか?

非常に興味深い記事を見つけました。

大嫌いな人のSNSをわざわざ見にいって、腹を立てることがやめられません



好きな人はもちろん、嫌いな人のことまでも見てしまう。
実生活での職場等の場面では、嫌いな人を避けられないことは多々ある。
しかしネットでは見ない読まないの選択を自分が決められるにもかかわらず、なぜあえて見て読む選択を自らし、自らイライラしてしまうんでしょうね。

これは珍しくも変わっているでもなんでもなく、人間(特に女)に備わっている通常感情であると思っています。


タイトル/鈴木涼美さんに聞いてみた。by文春オンライン◆http://bunshun.jp/articles/-/1990


とあるブログ同士がお互いのブログのことを、自分のブログ記事でアドバイスと言う名のクソバイス(ダメ出し)をし合っているのを読んだことがあります。
人のブログにダメ出しするも、自分は無理せずゆるくお洒落で素敵に生きることに忙しいことをお互いが自分のスタンスとして発信している。

第三者(部外者)の私からしてみればどっちもどっち。似た者同士に見えています。

嫌いな人のことをとやかく言うのは私もやっているので気持ちは分かりますが、嫌いな人にまで労力を使うのはしんどいし疲れます。ネガティブになります。
理解できないのは無理せずゆるくお洒落で素敵に生きることに忙しいはずなのに、正反対のことをしていることです。
直接言い合わないで自分のブログでそれぞれ強気嫌味発言している。

一般世間的には素敵な暮らしをしているんだろうけれど、心が素敵に見えない。
と思いながら自分も同じことをしているので同じ穴のムジナです。
※私は自分の心も(懐も)乏しいと自覚しています。

そして。
このブログを読んでいる人の中にも、このブログが嫌いなのにわざわざ読んでしまう人がいますよね。
それで良いと思います。としか言えないです。

これこそ自分ではどうにもならないことだし、何度も言いますが【無】よりマシです。

実生活でもネットでも【嫌い】と言った感情は、まさに以下の感情だと思っています。
以下上記同サイト一部引用。

嫌いなものを嫌いで居続けるにはある程度の情報が必要ですから、おそらく嫌いな人の近況をみるというのは、その嫌いという感情を絶やしたくないという気持ちがあるように思います。



嫌いと言う【関心】があるから見てしまう。
嫌いなのに、いや嫌いだからこそ気になって自ら見る選択をしてはイライラモヤモヤしている。

嫌いな人には嫌いなままの人(自分は正しい人間で嫌いな人は悪者)で居て欲しいが、その可愛げのない減らず口ちょっとは直せよとも思っている。
嫌な所を見つけたら【ほらやっぱりあの人はそういう人!】とも思いたい。

・・・

この【決めつけ】って果たして悪いことなのでしょうか。
私は悪いと思っていません。

きっと何をしても。
自分が息するだけでも相手は気に入らないと、自分も嫌いな人に対して思っているから。
好きな人も息しているだけで好きなんですよね。

おもしろいですよね。

ーーー

人ならまだしも。
ニュースにまでダメ出ししている人を見かけます。
そういう人こそ私は【無】の対象です。

自分自身に無関心な人は、他人はもっと無関心です。



今日の一枚。息しているだけで好き。好き好き大好きで関心ありまくり対象。


先日の写真(関連過去記事→)の数秒前写真。



gif画像作ってみました。こんな感じでヒゲの所を自分で掻いています。



ありがとうございました。


メッセージもありがとうございました。
すべてありがたく読ませて頂きました。

■□■□■□■□■□■

●各ブログランキング
応援ありがとうございます。
モチベーション維持&更新の励みのひとつになっています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
・にほんブログ村ではセミリタイア生活_ おひとりさまの各カテゴリに参加。


・人気ブログランキングでは節約・貯蓄 おひとりさまの各カテゴリに参加。

■□■□■□■□■□■

広告
広告




広告