僕は、途方に暮れる

今は正社員並みにガッツリ働いていないので前よりは悩んでいませんが、やはり今でも職場の人間関係に悩んでいます。

ある女性と仕事をしていると仕事のやり方や言動、表情などで(詳しくは割愛します)【私はあなたより上!】と言いたくてたまらない感じがしています。

ここに私はプライドがないのか、私は自信のなさを職場の人達に隠すことなく言っています。隠しても出てしまうものだから。
自分のが上!で構わないが(気にならないと言ったら嘘になるが)、自分のが上!をいちいち出されると疲れます。私も、きっと出している本人も。

自分に自信があるように見せている(自慢が多い)けれど、実は自分と同じで自分に自信がないのかなとも思っています。
ネガティブ感情に支配された時の自分と同じ目つきをしている時が彼女にもよくあるから。

彼女は以前の職場で役職に就いていたのも自慢のようで何度も話に出してきます。
実は私もだいぶ前の職場で役職に就いたことがあります。
引き受けて就いたもののやっぱり向いていなかったため、降りると共に会社も辞めたので今まで記したことはありませんでした。

今の彼女のような仕事のやり方も役職には向かないタイプだと感じています。
※私が決めることではないことは分かっています

男女平等社会と言えども企業で女性役員がいまだに少ない理由は、女性は自分の感情が出やすい上に自分の感情を優先してしまう性があるからではないでしょうか。
これもまた全員が全員当てはまる訳ではないが、今までの上司を思い出すとこの部分は男性の方が得意で格段にうまくこなせている。

私が以前のようにすぐ腹を立てなくなったのは【私は相手のコンプレックスを刺激する何かがある】と思うようになり、この【何か】も幾度となく似たようなパターンを繰り返し経験した自己分析なので確証はありませんが、少しづつ分かってきました。
この【何か】を詳しく記すとまた誤解される可能性もあるため、【何も言わないがそう思わせるもの】とだけ記させてもらいます。


私を見下してくる人を、私も見下しているんですよね。

こんな自分に後悔していないようでしている。



今日の一枚。



タイトル/大沢誉志幸


ありがとうございました。

■□■□■□■□■□■

●ランキングサイトのにほんブログ村に参加しています。
クリックorタップして頂くとランキングが上がり、モチベーションの維持&更新の励みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
おひとりさま 40代おひとりさま のカテゴリに参加しています。

彼女少し疲れ気味 - にほんブログ村

■□■□■□■□■□■



広告