客の信頼より社員の信頼

梅ジュースの続きでなくてごめんなさいm(__)m

これもどこの職場にいても理不尽だなと思っているひとつを聞いてもらいたくなりました。

今の職種はサービス業でもあるため、お客様がいます。
【お客様は神様です】とまでは行かないけれど、私はお客様が好きです。

正直言うと一緒に働く従業員より好きです。

従業員のほとんどは客より一緒に働く従業員を優先している。
※社風ではお客様目線で!なんて真逆を掲げている

そういう人はなぜかこぞって好きな客と嫌いな客(&好きな従業員と嫌いな従業員)の態度があからさまで、気難しい客には極力接しようとしない。
よって、気難しくめんどくさいと思われている客は自分が接することが多い。
丸投げしておいて【それダメこれダメ】は言ってくる。そっちのが気難しくてめんどくさいと感じる。

気難しい人はなぜ気難しいのか、理由はなんとなく分かっているため割りと上手くやれている。

自分も気難しいから。


タイトル/客の信頼より社員の信頼を得ている人が優遇されている


少し話それます。
今の会社には本社があり、自分の職場は支社になります。
ドラマでもよくありますが、本社の人間が支社に来ると【丁寧にお迎え】始め【本社の人にはちゃんとして】となります。

私の場合、普段から誰に対してもちゃんとしている(と自分では思っている)ので、これ以上ちゃんとしようがありません。

人を見て態度を変えない。
人を見て媚び売ってみたり見下したりしない。

これが私の強みだと思っています。

違うな。
客より従業員優先の人と本社の人にちゃんとする人も不思議と同じ人なので、その人達には冷めた目で(態度を変えて)見ている自分がいる。

・・・

損得で動かないと社会では生きて行けない。

損している人間がいることに対し平気でいられる人しか生きて行けないみたい。


表向きは【思いやりを持って】だの【相手の気持ちを考えて】だの言っているが、実際は従業員を踏み台にし上司に気に入られれば高評価を得て優遇される。

客に不快な思いをさせていても上司から評価が高い人は【仕事ができる人】となっている。
そこに【お客様の評価】はない。

反抗せずにはいられない。

これだからどこに転職しても続かない。
しかし今の職場は今までのようにすぐ辞める気はない。



今日の一枚。梅ジュース2日目。



ありがとうございました。


メッセージもありがとうございました。
ありがたく読ませて頂きました。

■□■□■□■□■□■

●ランキングサイトのにほんブログ村に参加しています。
クリックorタップして頂くとランキングが上がり、モチベーションの維持&更新の励みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
おひとりさま 40代おひとりさま のカテゴリに参加しています。

彼女少し疲れ気味 - にほんブログ村

■□■□■□■□■□■



広告