CHE.R.RY×百年の恋も覚めてしまう

この彼のことを記事にするのは今回で最後になります。

彼と彼女は相変わらず見かけるたびに仲が良いです。
単なる女の勘ですが、彼女は彼に尽くしているのを感じるのでかなり好意があるんだろうと察します。
2人のやり取りを見て(注:ジロジロは見ていません)、彼女は上手(うわて)だなとも感じました。良い意味で。

一見、彼の意見に従い彼を立てているが、彼に知られることなく自分の考えを通していることが垣間見れる。

実例を記すのはどうかと思うので、目的地に着くまでの経緯を例えのひとつとさせてもらいます。
ーーー
彼が【次の分かれ道は右に曲がるべきだ】と言う。
彼女は左に曲がりたかったが、【うん】と言い右に曲がる。

遠回りになるが右に曲がっても左に曲がって通る道にたどり着く道があり、自分の進みたいルートで目的地まで行けることを彼女は知っていた。

無事に目的地に着き、彼が【やっぱりあそこで右に曲がって正解だった】と言われた彼女は【そうだね、ありがとう!】と言った。
ーーー

こういう女性を彼女や奥さんにしたら男性は最高だと思うし、今の時代に男性を立てる女性はすごいなとも思う。
と同時に自分の理想としている関係とは離れているのと、彼に対する残っていた未練がなくなって行った。悪い意味で。

強がりだと思われるかも知れないことをあえて記させて下さいm(__)m

【お前は俺の言うとおりにしていれば良い】みたいな亭主関白タイプ?は相手の意見をほぼ聞き入れてくれない。
上手く行った時は自分の判断を再容認させられ、上手く行かなかった時は言い訳したり自分のせいではないと言い張ったり。

言い訳していたのも見聞きしたことがあって、もしかしたら彼はこのタイプに近しいのかも知れない。
もとい男性はこのタイプが多いのかも知れない。
振り返ってみれば彼とよく話していた頃、彼が自分の話をして私がうんうんと聞いていた場面がほとんどだ。

好きだった頃は彼を知りたい気持ちもあり、興味のある話が聞きたいと言う気持ちが大きかったため気付かなかったのか。
はたまた彼以外の男性にも目が向くようになって(広い視野で見れるようになって)気付いたのか。

まさに恋は盲目。
恋が覚めてしまった瞬間でした。

上記2人は付き合っているのかまでは不明なのと、以下は恋愛に限らずですが。
合う者同士は近付き、合わない者同士は離れるものなんでしょうね。


タイトル/YUI×くらもちふさこ



今日の一枚。



恋から覚めた人間は相手に対し無となるため、一気に薄情になる。


ありがとうございました。


メッセージもありがとうございました。
ありがたく読ませて頂きました。

■□■□■□■□■□■

●ランキングサイトのにほんブログ村に参加しています。
クリックorタップして頂くとランキングが上がり、モチベーションの維持&更新の励みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
おひとりさま 40代おひとりさま のカテゴリに参加しています。

彼女少し疲れ気味 - にほんブログ村

■□■□■□■□■□■



広告