日曜日よりの使者_9

先日の記事のひとつ→に【猫】と記しました。

近所には地域猫と称される野良猫がたくさんいます。
とある縄張りエリアで毛並みが悪く(自分で毛づくろいできていない)、痩せていて元気のない猫を見かけてから気になっていました。
ご飯は地域の人がやっているのも見ているので、自分ができることと言えばブラッシングとフロントライン(ノミダニ駆除薬)だとなり、即実行。

フロントラインが効いてきた数日後に保護も考え始めていました。

その数日後にあたる先日月曜日に様子を見に行ったらいつも居る場所にいなく、ご飯の場所にお供え品が置いてあった。
ああ、もういないんだと察しました。

その猫は桜耳(さくらカット)だったので、地域の人達に可愛がられていたのだろう。

そう言い聞かせても自分にできることが他にもあったんじゃないかと、後悔が残った。

ーーー

もうひとつは昆虫。
チープマンデーの2日前の朝、ベランダの床に弱った昆虫がいました。
すぐさまベランダ植物の上に避難させ、様子を見ることにした。

自分の経験上、一日経つと動かなくなっている場合が多いのですが今回は次の日も生きていて鳴き声もします。
もしかしたら助かるんじゃないかと思って、ティッシュを敷いたタッパーに入れて室内に移動させて様子を見ることに。

・・・

月曜日の朝に動かなくなっているのを確認しました。


この先の写真にバッタの写真があります。
苦手な方は自己判断でお願い致しますm(__)m


















仮面(鳥)と一緒に入ってもらうことにしました。



仮面のいる場所は今回のような昆虫や発見した時にはすでに息絶えていた虫も含め、様々な生物の居場所にもなっています。

最期くらい、誰にも振り回されず蹴落とされない安心できる場所にいたいと言う自分の願望も含まっています。


【君は。君こそは。日曜日よりの使者~】

関連過去記事→


ありがとうございました。


タイトル/THE HIGH-LOWS

■□■□■□■□■□■

●ランキングサイトのにほんブログ村に参加しています。
クリックorタップして頂くとランキングが上がり、モチベーションの維持&更新の励みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
おひとりさま 40代おひとりさま のカテゴリに参加しています。

彼女少し疲れ気味 - にほんブログ村

■□■□■□■□■□■



広告