未だに何も色褪せない、明るい青少年のための

THE ROOSTERS/ザ・ルースターズ



大好きなTHE MODSと同じ、私が憧れの地としている福岡県から誕生したバンド。

MODS繋がりで好きになった訳ではなく、MODSから洋楽に移行して、邦楽に戻ってきた時に知ったと記憶しています。


洋楽に移行して邦楽に戻ってきた時でも10代でしたが、ルースターズのアルバムを聴いたのは発売(1980年)から約10年後のことでした。




タイトル/ファースト&セカンドアルバムの紹介一部分

2019年の7月はファーストアルバム【THE ROOSTERS】、8月はセカンドアルバム【THE ROOSTERS a GO-GO】ばかり聴いていました。
聴いたのはすごい久しぶりなのに、若い時の記憶ってほんと色褪せない。ほとんどの歌詞を覚えていました。


前記事のタイトル【短すぎたけど、あまりにも眩しい最後の夏休み】はルースターズの動画コメントにあって、ああなんかすごいぴったりだなと思って。

若い時はあっという間。
若い時は早く大人になりたかった。

大人の方が長くなった今では、大人になりたくないとずっと思っている。


ちなみにブログタイトルにもさせてもらっているSIONとルースターズも繋がりがあったことをもっと後に知る。



ルースターズも知っている人がここずっと自分の周囲には居ない。


ありがとうございました。

■□■□■□■□■□■

●ランキングサイトのにほんブログ村に参加しています。
クリックorタップして頂くとランキングが上がり、モチベーションの維持&更新の励みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
おひとりさま 40代おひとりさま のカテゴリに参加しています。

彼女少し疲れ気味 - にほんブログ村

■□■□■□■□■□■



広告