キャスト~好きが変わる~

婚活(恋活・友活)状況。

社会人サークルでEさん改めssさんと知り合い、付き合い始めて早数か月が経ちました。


他の投稿の流れでssさんのことをちょこちょこ記していたため、前記事から少し間が開いてしまいました。

ひっくるめてしまうと(申し訳ない)【一体今はどうなっているんだ?】とメッセージをいくつか頂ました。ありがとうございます。

うまく行かない時は連絡も少し控え距離を置きました。
普段連絡はマメにし合っているけれど、実際に会う頻度は少ない。

会うに勝るものはないんですよね。


話が少しずれます。実は昨年ssさんの家に泊りに行きました。
私の家には動物がいるので泊りの旅行などは飼ってから一度もしていないため、夜近くに行って昼頃に帰ってくると言うスケジュールさでした。
それでも行き帰りの電車時間を含めればもっと時間がかかっています。

ssさんの家の周辺って良い意味で【程よい田舎】だったんですよね。

・・・

自分のいろいろな思いや考えが重なって(たくさんあって書ききれなかった)、ssさんの近くに引っ越そうと決めました。

一緒には住みません。
お互い離婚歴があるからか一緒に住むことには私もssさんも消極的です。

少なくとも私は【誰かと住むことの難しさ】を経験してきているのと、【一人の気楽さ】も経験してきている。
もちろん【誰かといることの楽しさ】も【一人の寂しさ】もあるので一緒にいたい気持ちもある。

付かず離れずが今は心地いいです。

私が近くに住むことによって私の金銭とssさんの時間をもっとうまく使えたらと、ssさんとも話し合いました。

ただ・・・田舎と都会は物価が高いんですよね。
自分の住んでいる所は全般的に物価が安いので、住みやすいと言われている地方都市なんだなと実感しました。

今はインターネットで生活用品始めいろんなものが購入できる時代でもあるし、どこにいても大丈夫だろう。
むしろ都会にいるより良いかも知れない。

・・・

ほんとこういう所だけは普段のネガティブがなくなりポジティブと言うか楽観的と言うか後先考えていないと言うか。
つまずくことが多いのに【どうにかなるだろう】と思えるのが自分でも不思議です。


好きのその先が見えないのなら、動けばちょっとでも何かが見えてくるでしょう。
良いことも悪いことも。

何にせよ行動しないと何も変わらない。



今日の一枚。
この部屋から見る夜明けも終わりが見えてきたのかな。


とある人と話の流れで【お月様は世界中を照らしている】と何気なく言った言葉にちょっと感動してしまった。


会って話す。
これが私とssさんに必要なことなのではと思い、先に進んでみます。


ありがとうございました。


メッセージもありがとうございました。
この記事にて返信とさせて頂きます。


タイトル/SION

キャストの意味:割りふられた役割
相手ではなく、自分の割りふられた役割を当てはめています。