遠き春よ

遠き春よ

仕事を辞める少し前から隙あらば寝ていました。
今週月曜の朝なんかは暖房点けたり冬物のアウターを着てバイクに乗った記憶があるのですが、寝ていることが多かったためこの記憶は夢なのだろうか。

寝ていたこの数日間で冬から春を通り越して夏になったかのようです。

仕事を辞めてひたすら寝ていたら元気になってきたのでスーパーに買い物に行きました。
※この先の不安なことは今は考えないようにしています



厚手のシャツでさえ暑く、袖まくって帰ってきました。


40代になっても迷彩柄を好んで着ている痛い自分です。

春コート(と言っても↑の迷彩シャツと同系)の出番は今年なさそうです。

2020年の春は春を感じることができず遠かったなあ。



と思ったら近くにまだ春がありました。


ベランダのみとの花(再生小松菜の花)が一輪咲いていた。
後ろの小松菜&サニーレタスは関連過去記事のみとの花後に最近植えた再生野菜です。

過去記事を振り返ってみると、4月より3月の方がまだ春っぽかった。

・・・

いまだに【迷い立ち止まるとき】があって、まさに今も迷い立ち止まってしまっています。

自分の人生はずっと迷ったまま終わりそうな気がしています。


ありがとうございました。


タイトル/春よ、来い◆松任谷由実


メッセージもありがとうございました。
ありがたく読ませて頂きました。

■□■□■□■□■□■

●ランキングサイトのにほんブログ村に参加しています。
クリックorタップして頂くとランキングが上がり、モチベーションの維持&更新の励みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
おひとりさま 40代おひとりさま のカテゴリに参加しています。

彼女少し疲れ気味 - にほんブログ村

■□■□■□■□■□■

広告