紫の蘇る薬

紫の蘇る薬

毎年6~7月になると売っている赤紫蘇。
今年は2年ごとではなく、2年連続で作れました。



今年は2袋分です。




今回砂糖の在庫があまりなかったので、今まで以上に砂糖を少なくして作ってみました。

向かいの家が田舎特有の大きい家で庭も広く、たくさんの木々がきちんと手入れされていて新緑も綺麗でつい眺めてしまう。


あまり甘くなく酸っぱいのが好きです(コーヒーはカフェオレの甘いのが好きです)
レシピでは赤紫蘇一袋に対し砂糖300グラム以上入れるとありますが、今回150グラム+αで作りました。
※砂糖を少なくすると日持ちしないようです。+αはまだ別の機会にでも。



今回3リットル作りました。本来4リットル作れる&元々濃縮のため、半分以上水で割って家で職場に持って行って飲んでいます。


使った赤紫蘇は塩漬けに。

これで夏を乗り切ろうと思いますが、今年は早く作れたのでその分早く飲み終わってしまいそうです。


ありがとうございました。

紫の蘇る薬2019→
過去記事からどんどんさかのぼって見ることができます。


タイトル/紫蘇の由来

■□■□■□■□■□■

●ランキングサイトのにほんブログ村に参加しています。
クリックorタップして頂くとランキングが上がり、モチベーションの維持&更新の励みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
おひとりさま 40代おひとりさま のカテゴリに参加しています。

彼女少し疲れ気味 - にほんブログ村

■□■□■□■□■□■

広告