あんまりなんにも言わない×猫と話していたっけ

うだるような暑い夏のとある日。
外で弱っている子猫のタコラと会いました。

振り返って考えてみると飼う飼わないなど先のことは考えず【今なんとか助けたい】の気持ちのみで行動に出たような。
動物病院に連れて行った時に【ちょうど一か月くらい】と言っていたので、7月のどこかでタコラは産まれたはずです。



あれから時が経ち、今月のどこかでタコラはまたひとつ年を重ねます。重ねました。



当時一緒に暮らしていた元旦那よりも長く一緒に暮らしています。
子猫の時以来これと言った大きな病気もせず元気に過ごしていますが、目の斑点は今も気にして見ています。
※引っ越し前の動物病院で目を診てもらったことがありますが、判断できかねないとのことで様子見で今に至ります。

タコラと暮らすようになってから泊りの旅行なんかはしなくなり(飼う前からほどんどなかった)、布団ではど真ん中を占領され、朝早く起こされる。

睡眠の質が落ちたのは否めないが(←これは年齢と性質もあるので)、タコラのいない生活は考えられないです。
仮面(鳥)の時もそう思っていました。

お別れの時はいつか必ず来るんですよね。

その時までずっと一緒に居たいです。


タコラも私ももう若くないので、年に1回は健康診断したいです。

ーーー

よく【動物好きな人に悪い人はいない】と言われていますよね。
本当かな?

私が良い例なんじゃないのかな。
悪い人と言うより良い人ではない。

誰からも好かれたいとは思っていないし、もし仮に好かれたいと思っていても無理ですし。
そう言い聞かせながらも私は人(特に職場の人)から嫌われることの方が多い。

仕事のこと以外はあんまりしゃべらないしなんにも言わない。
これって人に優劣や損得つける人からは舐められることが自分の経験上多いんです。

優劣つけてくる人には私も優劣つける人間なので同じ穴のムジナなんでしょうね。
【あ~この人ちょっと苦手かも】と思うと自分から距離を置いてしまう。


優劣や損得のない猫とはめちゃくちゃ話すんだけどなあ。


ありがとうございました。


タイトル/港のヨーコヨコハマヨコスカ◆ダウンタウンブギウギバンド

阿木燿子の歌詞がシビれます。

■□■□■□■□■□■

●ランキングサイトのにほんブログ村に参加しています。
クリックorタップして頂くとランキングが上がり、モチベーションの維持&更新の励みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
おひとりさま 40代おひとりさま のカテゴリに参加しています。

彼女少し疲れ気味 - にほんブログ村

■□■□■□■□■□■



広告