雪の華

狂い咲きサンダーロード(関連過去記事→)より前に撮った花写真4枚。


この花↓を見た瞬間・・・



周辺も写ってしまうため全体写真が撮れなかったのが残念でいますが、ちょい引きで見ると花がまるで雪が積もっているように見えたんですね。

流行に乗り遅れるどころか乗れもしない自分ですら、街のどこかからだったり誰かの携帯着信音から流れまくっていた中島美嘉のタイトル曲を思い出しました。


タイトル/中島美嘉



たんぽぽ。緑×黄色の組み合わせも好きです。



昨年はやけに首の長いたんぽぽ写真を載せたのですが(過去記事を探す時間がないですm(__)m)、今年は王道と言うか自分が思うTHE★タンポポ写真が撮れました。



この草花も春になると見かける好きな花です。名前は知らず。



ツルになっているのでさやえんどう的な豆が実りそうなイメージを持っている。



雪の華もう一枚。



後ろに写っているマイチャリ。

実は恥ずかしながら酔っ払った帰りに乗らず(正:乗れず)押して帰っていたのまでは覚えているのですが、ここから記憶がなくなってしまいました。

予想ですが押すことすら限界になってしまったようで、途中の道路に置いてきてしまったようなんです。

しかも大バカ野郎なことに鍵をつけたまま。

どんなに酔っ払って帰っても翌日はいつもの時間に一旦起きて、まだ酔っ払っている中カギやら財布(ちゃんと金払ったか)やらをチェックしたあと、再度寝て起きた時にガッツリ二日酔いになる自業自得パターンが自分のお決まりパターン。

この日はチャリのカギがなく、家の窓から駐輪場が見えるので確認するもチャリ自体もない。
2度寝のあとの二日酔い&後悔だらけの中、念のため合鍵をもって近所を探しに行くと。

チャリを買った店の前に停まっていたんですね。

店は定休日だか時間的にもうやってなかったのか閉まっていて、ついでに鍵がついていなかったので合鍵を使いとりあえず乗って帰りました。

仕事が休みの日に改めてお店に行きお詫びとお礼と恐る恐る状況を伺ってみた所。

店の前に鍵付きで停まっていた。ウチで買ってくれたものだから(この店で買うとこの店で買ったことが周辺住民には分かるようになっている)防犯のため、鍵は預かり店が終わっても店の前に停めていた。とのこと。

と言いながら鍵を渡してくれた店の人に感謝しつつ、瞬時に以下のように思った。

どこに置き去りにしたのか分からないままだが、店の前ではないことは確かだ。
店はいつもは通らない場所にあるからだ。

これも予想にしか過ぎないが。
心優しいどなたかが鍵付きのまま放置されたマイチャリを見つけてくれる。
このままじゃ誰かに盗まれると判断してくれたのか、人通りの少ない店の前まで持ってきて置いてくれた。
買った店に置いておけば店の人がナンバーやら調べてどうにかしてくれるだろうと。

珍しくポジティブに思えるのは似たようなことが携帯でも過去にあって。
しかも携帯は2度も同じことをしでかしたくせにまったく別々の、どこの誰かも男かも女かも知らない人が同じことをしてくれたお陰で自分の元に無傷で戻ってきたことがありました。

心優しい人っているんですよね。私の場合は見知らぬ人にそう感じることが多い。

人は必ずどこかしらで損得勘定があると言うけれど、これのどこに損得勘定があるんだろうかと思うほど。

その心優しい人と思える人が顔見知りでもなくどこの誰かも分からない人なので、私は正体不明のヒーローのような人に憧れています。

世代ではないけれど月光仮面やタイガーマスクだったり、これも過去記事にしているのですが一般人でも素性を知らせないまま何十年も同じ施設に何かを送り続けている人だったり。

こういうのは都会ではあり得ない地方特有の出来事と思っています。
いや、地方も稀薄になってしまった感があるので地方でももう珍しいことなのかも知れません。

どんなに心が荒もうとも、感謝の心は忘れずにいたいです。
忘れないためにブログの最後にはいつからかお礼を記させてもらっています。


ありがとうございました。

■□■□■□■□■□■

●ランキングサイトのにほんブログ村に参加しています。
クリックorタップして頂くとランキングが上がり、モチベーションの維持&更新の励みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
おひとりさま 40代おひとりさま のカテゴリに参加しています。

彼女少し疲れ気味 - にほんブログ村

■□■□■□■□■□■



広告