捲土重来

捲土重来

自分の長所でもあり短所でもあると思っている所に【すぐ人を信じ、すぐ人を疑う】があります。
きっとこれだけでは分かりづらいので、少し説明させて下さい。

これも変わってるねと言われるのですが、私は初対面の人を割と信じると言うのだろうか。
素の自分が出せるのはお互いのことを知らない相手だったりします。
※妙な勧誘系は論外です

理由はこの人間関係の間柄には損得が発生していないからです。この時点では。

以下は誰しもですが。
自分は人と関わっていて得と思ったことはほとんどない代わりに、損と思うことが盛りだくさんある。
目立つのが苦手で言い訳も少ないから(と思っている)。そのくせ悪目立ちはすると言う・・・。

この逆のタイプで自分アピールがやたら上手い人だとか、言い訳をして自分を正当化するような人、要はしたたかで要領が良い毛嫌いしているタイプと知らずに【こんにちは初めまして】から自分の素を見せていると、態度が変わってくる様が分かるんですね。

相手の都合の良いように【使える】と思われるような、パシリ要素だったり舐められる要素、八つ当たり要素が自分にはあるんだと。

黙って様子見していて、これらがどんどんエスカレートしてきた時が疑いに変わる瞬間となり、自分は相手以上に豹変します。
同時にいつもここで人間関係がうまく行かなくなります。

そりゃそうだろう。
自分より下と思っている人間(私)が、いきなり言うことを聞かなくなればおもしろくないもの。

自分がバカ正直で不器用で要領が悪い所は↑の相手を選ばないこと。
いや違う。上に媚を売って気に入られることも努力や才能と言うのであれば、そういう人達をあえて選ぶ傾向にある。

今まではここで一撃からの自爆でしたが、これからはウサギとカメ作戦のじわじわで行こうと思っています。
今までのやり方からすぐ変われないけれど意識はしたい。

少し前の記事でも記しましたがじわじわのが恐怖を感じるから。

とまあなんだかんだ言いつつも、人間関係がうまく行かない原因は自分のバカ正直で不器用で要領が悪い所ではなく、相手(人)に対して上記のようなマイナスの感情を持ち続けてしまう所だろう。
信じるか信じないか、好きか嫌いかの2択しかない所。また勝ち負けにもこだわっている所。

ここまで自分分析できているのにふとした時は今までずっとやってきた悪い癖が無意識につい出てしまいます。

行動に出せるようになるのはまだまだ先になりそうです。

・・・

行動に移せる日は来るんだろうか。

そもそも変わる気は、あるんだろうか。


タイトル/けんどちょうらい

意味:
一度敗れたり失敗したりした者が、再び勢いを盛り返して巻き返すことのたとえ。
巻き起こった土煙が再びやって来る意から。
「捲土」は土煙が巻き上がることで、勢いの激しいことのたとえ。
「重来」は再びやって来ること。
もとは一度敗れた軍が再び勢いを盛り返して攻めて来ることをいった。


まるで自分が目指している人生のような気がしています。

―――

話それますが、こんな(どんな?)私でも接客業の経験があります。

しかもちょっと自慢入りますが私に対してのクレームは一度もなく、むしろ親切丁寧に対応してもらったと褒め言葉を頂くことが多かったです。
それからありがたいことにリピーターに繋がったり指名されたり。

人間関係がうまく築けない自分なのになぜ接客はうまく行くのか。
人間関係がうまく築けない自分だからこそと思っています。

気難しい自分は同じく気難しい人の喜怒哀楽スイッチもきっと知っている。
※気難しい通り越して訳の分からないとんちんかんなことを言っている人はさすがに相手にできない。

あと相手に選択してもらうことを意識しています。
選ぶことって普段気にも留めない何気ないことかも知れませんが、どれだけ大事なことかも知っているつもりだから。

これが足元見るヤツからはうまく使われる原因でもあるんでしょうけれど・・・。

人間関係がうまく築けない人ほど、接客に向いているのかも知れません。


今日の一枚。

大好きな男梅シリーズを2種買う贅沢をしでかす。
男梅食べたい時も疲れている時。

基本いつも疲れています。
元気な時はあまりない。


ありがとうございました。

メッセージもありがとうございました。

■□■□■□■□■□■

●各ブログランキング
モチベーション維持&更新の励みのひとつになっています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
・にほんブログ村では40代おひとりさま セミリタイア生活 おひとりさまの各カテゴリに参加。


・人気ブログランキングでは節約・貯蓄 おひとりさまの各カテゴリに参加。

■□■□■□■□■□■

広告