バイバイ またね

小学校以上の卒業アルバムをありがとしたことは、いつかの過去記事にて記しました。
今回小学校の卒業アルバムもありがとしようとして最期にペラペラめくりました。

幼き頃から写真写りがものすごく悪い。
いや、人様からして見ればそんな悪くなくそのままの私でしょうから、自分を美化している部分があるんだろう。

今回写真写りより気になったのが卒業文集。
自分らしいと言うか、やはりさほど変わっていない12歳の自分がいた。

よく傷害事件を起こした犯人の同級生がインタビューで【学校にいた時から事を起こしそうな雰囲気があった】なんて言う雰囲気を自分も持っていたり、犯人の卒業文集がニュースで流れ、その内容が個性や反発心を通り越し、狂気を思わせる文章に世間からは【やっぱりね】と言わんばかりの文集を自分も書いています。
その部分だけ写真に収めたのですが、公開するのにためらいがあります。

【事を起こす要素のある人間】と言う自覚があるので心のどこかで常に自分を抑えている。

誰しも常に自分を抑えているんだろうけれど・・・個性とか苦労とか我慢とかそういう問題ではない。
これがいつまでも自分に自信が持てずにいる根っ子の部分でもあるし、タバコ(6年ほど前から禁煙中ですが吸いたい衝動に駆られている)やアルコールに依存しうまく発散することもできない。

自分を抑えているがゆえにストレスを溜めやす・・・これも誰しも同じですね。

―――

たまに【私は波乱万丈人生を送ってきたので誰のことも理解できるし分け隔てない対応ができる】とアピールする人間に会う。
または【私は他の人とは違いあなた(私)のことを分かってあげられる】と言い切る人にも会う。

残念ながら【そう思い込んでいる自分が大好きなだけ】だったりする。


タイトル/銀色夏生



幼き頃の吉高由里子ちゃんが載っています。
おこがましくも12歳の自分と彼女達をかぶらせちまった。


さよなら12歳の私。

と、ポエムで失礼します。


ありがとうございました。

■□■□■□■□■□■

●ランキングサイトのにほんブログ村に参加しています。
クリックorタップして頂くとランキングが上がり、モチベーションの維持&更新の励みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
おひとりさま 40代おひとりさま のカテゴリに参加しています。

彼女少し疲れ気味 - にほんブログ村

■□■□■□■□■□■



広告