今を今日を独りで生きる

今を今日を独りで生きる

もう今年を振り返っている人がいる。
もう来年の抱負や目標を言っている人がいる。
いつも老後や年金のことばかり言っている人がいる。

ついでに言うと【なんで皆そんなに寂しがっているんだろう、私は独りでも全然寂しくない】と言う人には自称良好な関係を築けている親御さんがいたり、恋人がいたりする。

・・・

今年や来年や老後に当てはまる人は先のことばかり考えていて今を生きていないように見える。
ついでに当てはまる人はきっと【独り】の解釈が自分とかけ離れている。

これから自分がしたい生き方はぼんやりとあり、じわじわと実行中のものもありますが。
私はまだ今年を振り返れず、まだ来年の抱負や目標なんて考えられない。
あと12日ある&あと12日後のことも考えられないのだから老後のことなんて考える余裕なんてありゃしない。

それはまだ老後が考えられない年だからではない。むしろ考えなければいけない年齢にきている。

確か弥生時代くらいの人の寿命は40歳前後だったような(うる覚えの適当ですm(__)m)
自分がもし弥生時代に生きていたら老後も老後で寿命をまっとうする年齢に達していることになる。

・・・

余談はさておき。

これ言ったらキリないが、もしかしたら私は今日事件事故に巻き込まれたり突然の心臓発作などを起こして死んでしまうかも知れない。
先のことばかり考えず、今を今日を生きることをしたい。

と言うのはカッコつけで、今を今日を独りで生きるしかなく、そうして生きて行くだけでいっぱいいっぱいでいます。


タイトル/なんのひねりもないそのまんまです


今日の一枚。ある日の休日、炊き出しに遭遇し豚汁頂きました。



ありがとうございました。

■□■□■□■□■□■

●各ブログランキング
モチベーション維持&更新の励みのひとつになっています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
・にほんブログ村ではセミリタイア生活 おひとりさまの各カテゴリに参加。


・人気ブログランキングでは節約・貯蓄 おひとりさまの各カテゴリに参加。

■□■□■□■□■□■

広告
広告




広告