めんどくしぇ

今更感が否めませんが【おのくん】と言うキャラクターをご存知でしょうか。

以下おのくん公式サイトおのくんプロジェクトから抜粋
―――
おのくんは、宮城県東松島市「小野駅前応急仮設住宅」の人々の住処であった奥松島の復興を願って生まれたキャラクターです。
これまでのゆったりとした暮らしから一変、被災し先の見えない状況のなかで、さまざまな困難に立ちむかいながら、「めんどくしぇ」とぼやきつつ、日々前向きに、あたらしい未来を自分たちの手で築いていこう、という思いが込められています。

東松島を知ってほしい
東松島に来てみてほしい
という想いで生まれ、里親さんひとりひとりがみな家族であるそんな想いでお母さんたちは毎日一針一針絆を紡いでします。

里親さんの募集もみなさんに平等にお届け出来るよう里親募集にはどんな場合にも同じ条件で手に渡るように
とお願いをしております。
―――

おのくん公式サイト

太字にした文章が特に私は好きだ。

おのくんを知ったきっかけは手作りイベントで、とあるブースがシンボル的に飾ってあったのを見て、手作りだけども売り物ではない感じがしていたのが気になった。
当時このハンドメイド作家さんと縁があって、立て続けに見かけた際に聞いてみたのがきっかけです。宮城県出身の方と記憶しています。

おのくんは全国的に有名になったことで、おのくんの元となったソックモンキーそのものが(自分の周囲だけかもですが)支援キャラクターとなったような気がしています。

家にいるソックモンキーもそのひとつ。

ここでソックモンキーの生い立ちを調べてみました。→ソックモンキー協会内サイト


2015年の申年によく登場していた我が家のソックモンキー、久々に登場です。




今更感が否めないですが(2回目)、最近以下の支援方法を知る。

おのくん公式サイト里親申請書から抜粋
―――
おのくんのエサ(材料)となる
靴下と綿の支援を求めています!
《靴下》
新品の靴下をお願いしております。
赤ちゃんのものから大人のものまでOKです。
五本指ソックスなどもOKです。
スニカーソックスや薄い靴下やメッシュは使えません。
《わた》
おのくんの弾力のあるからだ、手足を作るのに、
「ダイソーの綿」が最適です。
―――


気に入りすぎて何年も履けずにいる、いつぞやのチュチュアンナの未使用いちごチョコ柄の靴下と、


手作りが好きととある人に言ったら縫い物が好きと思われて(言葉って難しい)、使わないから使って!とダイソーの綿をもらってこれまた数年未開封のが家にありました。
※縫い物はあまりしません。

そして偶然か必然か近場でおのくんのエサ(材料)支援ボックスなるものが設置してあることを知り、これはもう支援するさだめなのだと先日支援させて頂きました。

このいちごチョコ靴下が無事に宮城県東松島市に届き、無事におのくん人形となり、無事に里親さんの元へ渡り大事にされ、何かの理由や事情で別の誰かの手に渡ったとしてもその家家で大事にされると良いなと思います。

こういう見知らぬ者同士なのに繋がってる感のある物事にもロマンを感じます。

なので私は中古が好きなんだろうな。
今までの持ち主どんな人だったんだろうな~と、ぼんやり思いを馳せることが好きです。


ありがとうございました。


タイトル/おのくん

■□■□■□■□■□■

●ランキングサイトのにほんブログ村に参加しています。
クリックorタップして頂くとランキングが上がり、モチベーションの維持&更新の励みになっています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
おひとりさま 40代おひとりさま のカテゴリに参加しています。

彼女少し疲れ気味 - にほんブログ村

■□■□■□■□■□■



広告