早く帰って眠りたい | 彼女少々疲れ気味

早く帰って眠りたい

広告



 



現在の職場は繁盛記や閑散期、忙しい時や暇な時などの差はなく、いつも忙しいか更に忙しいかしかありません。
ここの所その更に忙しい日が続いています。

こういう時に人間は自分の人となりと言うのでしょうか、その人の仕事に対する考えが特に出るように思います。
パッと思いついた人を書き連ねてみます。

忙しくてもマイペースな人。
自分の仕事だけする人。
焦って慌ててしまう人。

・・・

あ。
普段の忙しい時とあまり変わらなかったです。

どこの会社でもそうなのかも知れませんが。
私のいる会社(部署)も例外でなく【自分の仕事+自分の評価が上がる仕事だけしていれば他は知らない】と言う風潮が強いため、私は自分の仕事+地味で目立たないがゆえに誰もしたがらない(見て見ぬフリされている)雑務を自動的にやることとなる。どこの会社にいても。
雑務も楽な雑務とそうでない雑務があり、当然のようにそうでない雑務が選択の余地なく自分担当。

サボりたい楽したいおいしい仕事だけやりたいと言う考えの人は、先ほども記したようにどこの会社にもいる。
綺麗ごと抜かせばほとんどの人がこれに当てはまるだろう。私だってたまには楽して仕事したい。

不思議なのはサボりたい楽したいおいしい仕事だけやりたいを全面に出している人がなぜ3Kであるこの仕事を選んだのか。

・・・

どこにも採用されない人が最後に選ぶであろう、言わば底辺の職種に入るからでしょうね。

その底辺であろう職種でやりがいを見い出している自分がいる。
ただ仕事量が多過ぎるのと、何より致命的なのは一緒に働く人とうまく行かない。どこの会社にいても。

私は感情がすぐ顔に出るからだ。

先ほど記したように今までの会社でも誰もしたがらない業務を仕事と思ってし続けていた甲斐があったのか、人が気付きにくいちょっとしたことに気付けるようになっている(と、自分では思っている)

しかしその手柄は社員のもの、もしくは上司にもみ消されることとなる。

そんな自分を見てくれている人がいると分かると泣きそうになる。心では号泣している。
ちなみに見てくれる人は上司や役職者ではない。公平に見て欲しい人こそ見ちゃいない。

ここ最近の体調不良と、いつも以上の忙しさで帰ってくるとバタンキューです。
この記事が投稿される時間も、私は職場で動き回って仕事をしていることでしょう。

そうそう。
私は【焦って慌ててしまう人】に当てはまります。
下の地位である自分から仕事を頼まれるのは気に食わないのかムッとされるので、あれもしなきゃこれもやらなきゃと限界以上の業務を自分でこなそうとしていっぱいいっぱいになってしまう。

今日も帰ってきたらバタンキューの予定です。


ありがとうございました。


タイトル/早く帰ろう◆SION


今日の一枚。


いつも帰りを待ってくれているから早く帰ろう。

■□■□■□■□■□■

●各ブログランキング
一手間かけてクリック&タップして下さっている方に大変感謝しています、ありがとうございます。
更新の励みになるので応援して頂けると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
・にほんブログ村では40代おひとりさま 貧乏・生活苦 おひとりさまの各カテゴリに。


・人気ブログランキングでは節約・貯蓄&貧乏日記の各カテゴリに。

■□■□■□■□■□■