小さなプランクトンの大きな世界

小さなプランクトンの大きな世界

通り道に気になる植物がいる。
まるで枝豆みたいな種を持つこの植物、いつもの如く名前を知らずにいます。

————————————————–
※注意
今回の記事は虫の写真があります。
苦手な方は自己判断でお願い致します。
————————————————–

見渡す限り枝豆種がいっぱい。
6cbmvgr0yrwgcsqj


花はこのような薄紫色。
5meezcxexarptmsc

葉っぱと同じ植物なのか別々なのかも不明でいます。
枝豆が葉っぱ植物の上に乗っかっている(飛び越えている)感じに生えています。



写真撮ったあと、最寄駅から自転車を漕ぎながらあることに気付いたので、止まってまた写真を撮りました。
68vwj1wbkwrfqxg2

写真撮っている時にかばんが枝豆に触れたんだろう、枝豆がくっついていた!
剥がそうとしたら結構強力にくっついている。
なので無理に剥がそうとせず、しかもこれ見てるとニヤニヤできるので、この日からくっつけたままでいます(・∀・)


この日はチャリ乗っててもうひとつ出来事があったんです。
と言うよりこっちの方に気を取られていました。


自転車乗る時からずっとハンドルの棒?に止まっていて、ペダル漕いで揺れ動いても飛んで行かず、ずっと止まっていた虫が綺麗だったんです。
osurplyhcd4ll5jt

かなり加工してしまったので、この虫の良さを引き出すことが出来ず(T_T)
もっと綺麗で鮮やかな青色の虫で、こちらも名前が分からずです。


都会人でもないくせに虫でも昆虫などの区別も知らずにいます。


チャリ停めて写真撮った直後に飛んで行った。
なんかちょっと心があったかくなって、こういう日って良いなと思った日でした。



タイトル/小田部家邦

読書メーター
http://i.bookmeter.com/b/483408244X

一滴の水の中にも世界があって、ある意味自分も一滴の水の中であーだこーだブツクサ言いながら生きているんだと、なんとなくぼんやりと思った日でもありました。


プランクトンも人間もあまり変わらない。大差ない。


珍しくほのぼのとした記事になりました。
ある一滴の水の中の出来事を読んで頂きありがとうございました(゚∀゚)

※ちくいちクサいんだよな・・・

■□■□■□■□■□■

●各ブログランキング
一手間かけてクリック&タップして下さっている方に大変感謝しています、ありがとうございます。
更新の励みになるので応援して頂けると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
・にほんブログ村では40代おひとりさま 貧乏・生活苦 おひとりさまの各カテゴリに。


・人気ブログランキングでは節約・貯蓄&貧乏日記の各カテゴリに。

■□■□■□■□■□■

広告




広告